オカマの気持ちになったNEW

こんにちは、松本です。

昨日、おとといと、自社の通販事業
立ち上げの際、

やっていた情報収集の話について、
少しお話しましたが、

それとは別にやっていた事と、

そこから得られた自分なりの教訓
について、今日はお伝えしたいと思います。

まだ、商品を何にするか、
全く定まっていなかった頃。

去年の4月頃だったか。

化粧品の情報収集をしようと思い、
銀座の百貨店を回っていました。

さすがに、一人だと気が引けるので、
当時付き合っていた彼女(今の嫁です)と
出掛けて行ったのですが、

実際にそこで、少し
化粧してもらいました。

男の私が(笑)

なんとなく、新宿2丁目にいらっしゃる方の
気持ちが少しわかった様な、分からない様な・・・

化粧が終わった後に、
鏡越しに見た自分の顔。

あまり思い出したく有りません(笑)

しかし、目的は情報収集です。

化粧品を使うのは、
基本的に女性。

その女性の気持ちが分からなければ、

反応の取れるランディングページを
作る事はできません。

でも、

この「体験する」という情報収集は
本当に強烈でした。

実際にいろんな人にアンケートしてみたり
話を聞いたりしてみたものの、

「あぁ、あの人が言っていた事は、
 こういう事だったんだ・・・」

と、自分の腹にスッと落ちた感がある。

体験に勝るものはないなぁ、と思った瞬間でした。

顧客に選ばれる為には、
顧客の共感を得られなければなりません。

その共感を得るためには、販売者側が、
顧客の気持ちをどこまでしっかりと分かっているか、

これが後々の売り上げを
大きく左右します。

PCの前に座って、検索する事だけが
情報収集ではない、

実際に現場へ出向き、体験する事が、
どれほど重要か、痛感しました。

何か事業を立ち上げる時は、

「実際に体験する」

という事を出来るだけ、
積極的にやってみてほしいと思います。

でも、化粧するのは気が引ける・・・(笑)

松本剛徹

関連記事

  1. 儲かるマーケットの条件 その1

  2. STEP4.単品通販の広告戦略

  3. SEO対策の掟とは?

  4. 新規事業のアイデア

  5. 残念なスマホサイトの5つの罠1:認知性

  6. 史上最強のSEO対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

画像
〒141-0031東京都品川区西五反田3-6-33井門西五反田ビル3階
TEL.03-6417-0020|FAX.03-6417-0021
お問い合わせ 平日10:00〜18:00(土日祝除く)