STEP5.単品通販のリピート戦略

こんにちわ、松本です。

さて、

今日はSTEP5について
具体的に解説していきたいと思います。

残りSTEPも2つになりました。

STEP5のテーマは、

『単品通販のリピート戦略』

です。

単品通販では、1つの商品を販売していくので、
その商品をリピートして収益化をしていきます。

1回購入してもらっただけでは、
ただの赤字で終わってしまいます。

ですので、このリピート戦略は、
非常に大事になってきますし、

どのくらい利益が残るのかにも
直結してくる大事な話になります。

その大事なリピート戦略を
考える上で大事な4フェーズがあります。

第1フェーズ:1回~3回リピート

第2フェーズ:4回~6回リピート

第3フェーズ:7回~9回リピート

第4フェーズ:9回以上リピート

このフェーズに合わせて、
リピート戦略を組んでいくことが、
長期リピーターを生む秘訣です。

では、1つずつ説明していきます。

まず、第1フェーズで大事となる
キーワードは、「学」です。

一体どういう意味か?

「学」とは、学んでもらうことを意味します。

商品の使い方、商品の成分、商品の効果効能などを
知ってもらい、そして教えるということです。

商品に同梱するチラシやパンフレットも、
それに沿った内容を送る必要があります。

そして、第2フェーズの
大事なキーワードは「遊」です。

「遊」とは、遊び心という意味です。

プレゼントやサプライズを意味しています。

4回~6回も買っていただいているお客様には、
サプライズプレゼントを贈ると効果的です。

そして、第3フェーズは、
「働」がキーワードになります。

これは、顧客に動いてもらうことを意味します。

口コミや感謝の手紙、座談会開催などを
実施するような施策をやっていきます。

7回~9回も購入してもらっている方は、
ロイヤルカスタマーになります。

ある意味で、会社や商品の売上を
支えている方々になります。

そのロイヤルカスタマーの方々に、
率先して動いてもらうことが大事になってきます。

では、いよいよ最後のフェーズです。

最後のフェーズのキーワードは「交」です。

これは、会社の社会との交わりや、
顧客との交流を意味します。

社会活動をやっていることを
顧客に伝えていくことや、
感謝祭を実施することも含まれます。

9回以上のリピートは、
会社や商品のファンになっている証拠。

そのファンとの交流を持つということが、
さらなるリピートにおいて大事になります。

いかがでしたでしょうか?

通販のリピート戦略というと、
CRMを想像する人が多いですが、

確かにそれも重要なのですが、
根本となる考え方を押さえていただきたい。

また、あなた自身がリピートしている
商品やサービスがあるのであれば、

何に魅力を感じているのか、
また、こういうサービスをして欲しい

という顧客目線で考えてみると、
また新たな発見があるでしょう。

関連記事

  1. あるスマホ調査データ

  2. “億”を生み出す条件とは?その1

  3. 商売の原理原則

  4. 法改正はビジネスチャンスがいっぱい

  5. 残念なスマホサイトの5つの罠3:快適性

  6. 『”億”を生み出す企画~9つの秘訣~』その6

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

画像
〒141-0031東京都品川区西五反田3-6-33井門西五反田ビル3階
TEL.03-6417-0020|FAX.03-6417-0021
お問い合わせ 平日10:00〜18:00(土日祝除く)