スマートフォンマーケティング,スマートフォン集客のスペシャリスト

株式会社リアルネット
キーワードマーケティング研究所認定パートナー Google Adwords CERTIFIED PARTNER yahoo!リスティング広告プロフェッショナル

営業時間 平日10:00~18:00

(土日祝除く)

お問合せ

売れるスマートフォンサイトとは??

 売れるスマートフォンサイトとは、反応が取れるページ。反応とは、スマートフォンサイトを見た人にしてもらいたいことをしてもらうことです。
ビジネスモデルによってサイト訪問者にしてもらいたいことは異なります。

● 商品やサービスを購入してもらう
● 資料請求や申し込みをしてもらう
● メルマガに登録してもらう

 通常、反応の取れるページ=売れるサイトは、1~2%の反応率だと言われています。無料のサービスや商品の申し込みや資料請求であれば、2~5%です。してもらいたい行動は各社異なりますが、上記に挙げた行動を起こしてもらうための要素には“ある共通点”があります。その“ある共通点”が、お客様を上記の行動へと駆り立てます。
 これは売れるスマートフォンサイトには欠かせない重要な要素です。

“ある共通点”とは、大きく分けると以下の5つになります。

①サイトを開いた瞬間に何のサイトかがすぐに分かる
②商品やサービスの内容が分かりやすく説明されている
③他社の商品やサービスとの差別化がされている
④お客様の声や推薦者の声が数多く掲載されている
⑤代表者の写真やスタッフの写真が掲載されている

では、上記の5つの要素について具体的に説明していきましょう。

①サイトを開いた瞬間に何のサイトかがすぐに分かる

 スマートフォンサイトの中には、パッと見た瞬間、何のサイトだか分からないサイトがあります。その傾向が強いのが、デザイナーのスマートフォンサイトです。デザイナーの方は、デザイン性をものすごく重視されるので、当然のようですがオシャレでカッコいいサイトを作ろうとします。もちろん、デザイナーですからオシャレでカッコいいサイトのほうがいいでしょう。スマートフォンサイトの位置づけが、自分の作品集や展示場ならば、それでも良いのです。
 ですが、そのサイトを見てお客様に問い合わせをしてほしい・購入してほしいと思っているのであれば、サイトを根本的に見直さなければなりません。
 デザイン性にばかりこだわり、何のサイトであるか分からなければ意味がないからです。中には、どのボタンをクリックすれば、ページが遷移するのかさえも分からないサイトや、デザインばかりで内容や説明に欠けているサイトも非常に多いのです。

 しかし、これはデザイナーのスマートフォンサイトだけに言えることではありません。よくある勘違いは、トップページの写真の使い方です。
 あなたのサイトのトップページに、モデルの女性や男性などのイメージ写真を使っていませんか?きっとサイトを綺麗に見せることで、売上がアップするだろうと考えてのことでしょう。

 しかし、これは間違いです。
 トップページの写真は、自社のビジネスを上手く表現した写真にしなければなりません。そのためには、フリー素材の写真だけではなく、自ら撮影した写真を使用すべきです。きっとあなたも感じていると思いますが、人は、最初に文字よりも写真に目がいきます。
 弊社でお手伝いさせていただいたサイトでも、トップページの写真を変えただけで、反応率が2倍になった例がいくつもあります。それだけ写真の影響力は強いのです。

 そして、写真と同じくらい重要なのが、ヘッドコピーです。
ヘッドコピーとはトップページに大きく記載された文字のことです。
ある意味、あなたのビジネスや商品・サービスの特徴や強みを表した言葉です。
この部分も写真と同じです。
何のサイトであるのかを訪問者に分かってもらうための重要なパーツなのです。
このヘッドコピー1つで大きく反応率が変わります。
つまり、売れるスマートフォンサイトとは【写真】と【ヘッドコピー】にかかっています。
この2つがマッチしていることが、一目見て何のサイトであるかを分かってもらうために重要なのです。

ページ上へ戻る

②商品やサービスの内容が分かりやすく説明されている

 例えば、通販でお肉を売っているサイトを運営しているとします。あなたがこのサイトの運営者だとしたら、お客様に買っていただくために、どのような説明をしますか?そこには、以下のような内容が盛り込まれていることが大切です。

・ お肉は何の肉ですか?
・ お肉は何グラムですか?
・ お肉は冷凍で送られてくるのですか?
・ 何パック送られてくるのですか?
・ 配送料は地域によって違いますか?それとも無料ですか?
・ 何日で商品が届きますか?
・ 商品が欠陥品であった場合は、どのように返品するのですか?
・ お肉は何種類あるんですか?
・ 種類ごとの値段はいくらですか?
・ どのようにして食べると美味しさがアップしますか?
・ 賞味期限はどこに明記されていますか?

 以上のようなことを具体的かつ丁寧に説明していく必要があります。これはスマートフォンサイトに限らず、通常の店頭販売でも同じです。スマートフォンでは、商品が見えない分、より丁寧に説明する必要が出てきます。この部分が欠けていると、ユーザーは不安になります。ものすごく丁寧かつ詳細に商品説明を書いたのにも関わらず、商品が売れないとなれば、売っている相手が悪いか、商品が悪いかのどちらかです。
 この問題は、根本的なコンセプトとターゲットを見直す必要があります。この部分を意識して、分かりやすく、そして丁寧に商品・サービスの説明をしましょう!

ページ上へ戻る

他社の商品やサービスとの差別化がされている

 まず考えて欲しいのは、御社のスマートフォンサイト上で提供している商品やサービスの強みが何なのかということ。箇条書きで最低20個挙げてください!と言われたらパッと書けますか?
 他社にはない自社製品やサービスの強みや特徴のことを英字3文字で【USP】と言います。USPとはUnique Selling Propositionの略です。
 御社のスマートフォンサイトでは、金額的な面、商品やサービスの機能面にどのような特徴があるかがきちんと訴求できていますか?また、その根拠をきちんとデータや事例で示していますか?
 現在、企業の多くはスマートフォンサイトを持っています。ユーザーも、商品やサービスを購入する際にスマートフォンサイトを見て比較検討をします。大量生産大量消費の時代は終わりました。ユーザーや消費者は、自ら選択をして商品やサービスを購入する時代です。
そのため、他社との差別化が非常に重要なのです。
 このことも先ほどの商品やサービスの分かりやすさと同様、通常のビジネスでも同じことが言えます。

ページ上へ戻る

④お客様の声や推薦者の声が数多く掲載されている

 何か商品やサービスを利用する際、スマートフォンサイトに載っている購入者の声を参考にされたことはありますか?
 また、御社のスマートフォンサイトには、お客さんの声や推薦者の声は掲載されていますか?掲載されているとしたら、どのくらいの数が掲載されていますか?

 商品やサービスを購入してくれたお客さんの声は非常に重要です。なぜなら、その声があなたの商品やサービスの信頼性や信憑性を上げてくれるからです。
 日常生活でも同じことが言えます。
初対面の方から、「私はとても優しい人間です」と言われたとします。
あなたは、すぐにその方の言葉を信用しますか?
では、その方の知人や友人100人が「あの人はとても優しい人間ですよ」と評価したとしたらどうでしょう?どちらの言葉が信用できるかと言えば、もちろん、100人が言ってくれる方が信頼できると感じませんか?
人は、本人から出た発言より、誰か第三者に言われたことの方を信用する傾向があります。
それをスマートフォンサイトでも活かすのです。
さらに、お客さんの声を集めるポイントは“手書きの感想”です。下記は弊社クライアントのイタリアンレストランサイトの『お客様の声』の例です。

お客様の声ページ上へ戻る

⑤代表者の写真やスタッフの写真が掲載されている

 代表者やスタッフの写真が掲載されていないスマートフォンサイトが意外にも多いのですが、絶対に掲載した方が効果は上がります。

・どのような人が担当なのか?
・代表者はどんな人なのか?

 運営者側の顔が分からない中で購入するより、相手が見えていた方が、断然売り上げあがります。なぜなら、人は人の写真があると安心感を覚えるからです。また、写真を載せる際には、その人のプロフィールや仕事に対する想いも添えて書きましょう。商品やサービスに透明性が生まれます。
 スマートフォンで商品やサービスを売っていても、ビジネスは人間対人間なのです。

 「自社のスマートフォンサイトはどうすれば反応が取れるようになるのか?」、「一度自社のスマートフォンサイトを見てもらいアドバイスをしてほしい!」という方のために、スマートフォンサイト無料相談を実施しております。
 下記よりアクセスして、お申込みください。初回のみ無料でアドバイスをいたします!!

無料個別相談に今すぐ申し込む

ページ上へ戻る

Copyright © Realnet Co., Ltd. All Rights Reserved.