残念なスマホサイトの5つの罠1:認知性

「スマホファースト」との言葉も広まり始めたように、
誰もが普通にスマートフォンを持ち歩く時代が訪れ、
企業がスマートフォン対応をより重視するようになってきました。

しかし、とりえあえずスマホ対応しました
といったレベルに留まっていたり、

本当に現在の「スマホサイト」が、
本来のビジネス上の狙いが果たせるサイトになっているか

というとそうではないサイトがあります。

スマホ対応して、スマホサイトを制作したのに、
反応率が悪く
て相談を受けるケースもあります。

この原因は、一体何なのか?

スマホサイトの反応が悪い原因は、
だいたい下記の5つにあります。

その5つとは、
1.認知性
2.操作性
3.快適性
4.訴求性
5.デザイン性

正直に言って、スマホサイトの制作は、
PCサイトより難易度が高いです。

小さい端末画面での構成やデザインを
考えるのは容易ではありません。

ちょっとしたズレや構成ミスが、
すぐに反応率の低下に繋がってしまいます。
上記で挙げた5つのポイントを、
それぞれ解説していきたいと思います。

【1.認知性】
これはスマホサイトにおいて、
非常に重要な部分です。

スマホサイトを開いた時に
表示されているファーストビュー。
ここの作り込みが非常に大事。

開いた瞬間に、何のスマホサイトが
分かるようになっていなければいけません。

スマートフォンサイトは
縦にスクロールすることが容易であるため、

ファーストビューの重要性は以前ほど大きくない
と考える方もいるかもしれませんが、

サイトアクセス時に真っ先に目に入ってくる
ファーストビュー部分は今なお重要な部分です。

そのファーストビューの中においても、
キャッチコピー写真は特に気を配りたい部分です。

一番やってはいけないのは、
キャッチと写真がズレてしまっていること。

これでは、絶対に反応が取れません!!

ですので、ファーストビューには
細心の注意を払ってほしい。

また、最高のファーストビューを制作する秘訣は、
何と言ってもABテストを繰り返すことです。

キャッチコピーだけを変えてみる。
写真だけを変えてみる。
といったテストを絶対に実施してください。

自分の感覚は狂っている
という自覚を持つことが大事
です。

その感覚を持って、
テストを繰り返してください。

そうすれば、反応率の低い
残念なスマホサイトにはなりません。

関連記事

  1. ステップメールは効果大!

  2. 史上最強のSEO対策

  3. 動画 『レスポンシブWebデザインは集客に有効なのか?』

  4. 『”億”を生み出す企画~9つの秘訣~』その6

  5. 2円で出せる広告

  6. NEW">

    オカマの気持ちになったNEW

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

画像
〒105-0014 東京都港区芝2-13-4 住友不動産芝ビル4号館11階
TEL.03-6417-0020|FAX.03-6417-0021
お問い合わせ 平日10:00〜18:00(土日祝除く)