年収1000万円超は過去最少

ある衝撃的なデータが公開されました。

国税庁の2012年分「民間給与実態統計調査結果」によれば、
サラリーマンなど給与所得者のひとり当たりの平均給与は408万円

一方、1000万円超172.3万人で、全体の3.8%
5年前より50万人以上減っているという結果。

安倍政権になり、アベノミクス効果を期待する人もいる中、
給与所得は一向に増える気配はありません。

よくテレビなどの街頭インタビューで、
景気がよくなり給与やボーナスが増えてほしいと
答える人もいますが、何か間違っているような気がします。

景気がよくなり、給与が増えてほしいというのは、
完全に他人依存の意見でしかありません。

自分のスキルアップのために投資をして
セミナーや教材を購入し、仕事で成果を出すことをしない。

そんな状態で給与も上がるわけないし、
稼ぐことなど一生できるわけがない。

結果を出している人は、周りの環境など関係なく、
自己投資を惜しまずに、努力している人たちです。

どうして、そのことに気づかないのか?

サラリーマンであれ、経営者であれ、
今の時代は手に職がなければ生き残れない時代。

そんな時代だからこそ、他人には負けない
これというスキルを身につける必要がある。

ハッキリ言いますが、
スキルがない人は稼げません。

誰でも出来るような仕事をしていては、
あなたを必要としてくれることはありません。

例えば、●●ならあの人に任せれば良いよ、
△△ならあの会社に依頼しよう。

このようなかたちで人々に認識されなければ、
あなたに日の光が当たることは絶対にない。

●●なら××さん、△△なら■■会社。

このように人に認識にしてもらうことは、
個人、法人関係なくブランディングに必要であり、
マーケティングのゴールでもあります。

私はよくこのことを『脳内SEO』と呼んでいます。

頭の中の検索エンジンに、●●と打ち込んでみると、
いくつかのサービスや会社名や人物が出てくる。

その脳内SEOの上位を獲得することが、
何よりも大事なことであり、

Googleやyahooの検索結果1位を獲得することよりも、
効果は絶大だし、インパクトは大きくなります。

色々な書籍やセミナーでブランディングや
マーケティングについて言われていますが、

結局のところ、「●●と言えば、××」という
人の認知や知覚を確立させることでしかない。

それが本当に正解か不正解はどうでも良く、
人の頭の中に出てきたものが正解なのです。

ハンバーガーと言えば、マクドナルドですが、
世界一美味しいハンバーガーと言えば、
あなたは何を想像しますか?

恐らく、マクドナルドと答えないはず。

でも、ハンバーガーと言えば
マクドナルド
を想像しますよね。

なぜでしょう?

それが、ブランディングであり、
マーケティングの究極の目的です。

正解か不正解か、真実か真実でないかは関係なく、
人が想像すること、イメージすることが正しい。

その典型的な例です。

関連記事

  1. 『”億”を生み出す企画~9つの秘訣~』その5

  2. 衝撃的なGoogleの調査結果

  3. 儲かるマーケットの条件 その3

  4. ビデオセールスの極意

  5. 動画【最新スマホEFO対策とは?】

  6. あるスマホ調査データ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

画像
〒141-0031東京都品川区西五反田3-6-33井門西五反田ビル3階
TEL.03-6417-0020|FAX.03-6417-0021
お問い合わせ 平日10:00〜18:00(土日祝除く)