あるスマホ調査データ

スマホ対応に関する面白い調査データがあります。

全国の10代~30代の男女500人
を対象に行われた調査
です。

スマホでのウェブサイト閲覧頻度
『毎日』と回答した人が79.8%

スマホでのウェブサイト閲覧頻度
PCに比べて約2倍多い

スマホサイトのボタンが小さく誤って
他の記事や広告をタップしてしまう人が41%

というものです。

さらに、スマホ対応サイトについての
不満の意見として、下記が挙げられています。

「同じサイトでもPCサイトとスマホ対応サイトの
レイアウトが異なりすぎて、使いづらいときがある」

画像を拡大して見たいのに、拡大できなくて困ることがある」

「画像やメニューが大きすぎてスクロールをするのが面倒なときがある」

文字数が多いものは読んでいて疲れることがある」

何のボタンが分からないものがあり困ることがある」

「サイト中で見たい動画がスマホからは再生できなくて困ることがある」

これらの意見は、スマホサイトの設計を考える際に、
非常に役立つ
ものばかりです。

これからスマホ対応を考えている場合や、
スマホサイトの反応率が悪い場合には、

これらの不満意見に照らし合わせてみて、
1つずつ見直してみてはいかがでしょうか。

レイアウトや設計を見直すだけでも、
反応率を上げることができます。

一番大事なのは、コンテンツや中身、
売り方や切り口、コンセプトではありますが、

スマホでのサイトの見せ方の部分も
非常に大事な部分になります。

特に、今はPCではなく、
スマホからのアクセスが急増しているので、
スマホサイトは慎重に考える必要があります。

是非、この調査結果を参考にしてみてください。

関連記事

  1. アイデアをブラッシュアップるする!

  2. Googleが新広告をリリース

  3. 残念なスマホサイトの5つの罠2:操作性

  4. 動画『効果的なリスト収集方法とは?』公開!

  5. 大切なのは、『選択と集中』

  6. ”電子書籍”は”成功のカギ”

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

画像
〒105-0014 東京都港区芝2-13-4 住友不動産芝ビル4号館11階
TEL.03-6417-0020|FAX.03-6417-0021
お問い合わせ 平日10:00〜18:00(土日祝除く)