『”億”を生み出す企画~9つの秘訣』 その3

下のコピーを
読んでみてください。「短期間で爆発的に売上をあげる方法」これ伝わりましたか?どんなものかイメージ出来ましたか?
恐らく、何も伝わらないと思います。印象にも残らないフレーズですよね。なぜでしょうか?その理由は、「具体的ではないから」です。今日の3つ目の秘訣としてお伝えしたいのは、
具体性があるかどうかということです。

人に物事を伝える上で、
具体性は欠かせません。

具体的でないと、
イメージできない
からです。

AKB48をプロデュースした秋元康さんが、
こんな印象的な言葉を残しています。

『人はディテールに感動する』

この言葉の意味が分かりますか?

何かを伝える時には、
詳細を伝える必要がある
ということ。

要するに、

具体的であるかどうかということです。

先ほどのコピーに具体性を入れて、
比較検討してみましょう。

【具体性なし】「短期間爆発的に売上をあげる方法」

【具体性あり】「わずか3日で売上を300%上げる方法」

どちらの方が伝わりますか?
答えを言うまでもないと思います。

短期間という言葉は、曖昧ですし、
人によって短期間のイメージは異なります。

また、爆発的という言葉も曖昧ですし、
何も伝わらないですよね。

それを、数字を入れて具体性を持たせれば、
誰でもイメージすることが同じになります。

この数字を入れるというのも、
具体性を加えるために必要なことです。

具体的であることは、
人のイメージを鮮明にし、
想像することを統一できます。

あなたが考える企画や商品・サービスにも、
この具体性を入れるようにしてください。

そうすれば、どんなものかが
ハッキリとイメージすることができ、
印象に残るようになります。

是非、試してみてください。

関連記事

  1. 99%の人が間違えている集客方法 その1

  2. コンテンツSEOの全貌

  3. 三木谷 v.s 孫

  4. 白ヤギのニッチ戦略

  5. 何をどう伝えるか?

  6. リスト収集とリスト構築が命!

画像
〒105-0014 東京都港区芝2-13-4 住友不動産芝ビル4号館11階
TEL.03-6417-0020|FAX.03-6417-0021
お問い合わせ 平日10:00〜18:00(土日祝除く)